桃の通販 山梨ひらやま農園 桃のページ

ご案内




桃とぶどう 山梨ひらやま農園 
 生産者という立場から、山梨ひらやま農園で生産している、ももの品種と栽培面積、生育・出荷カレンダー、病虫害に対する防除、もも畑の土作り、肥料のことなどについて、お伝えしています。

所在地:〒405-0024 山梨県山梨市歌田922-9
e-mail:hirayamanouen@gmail.com
 
ご注文はこちらから:http://www.momo-budou-yamanashi.jp/

 

桃の生育・収穫カレンダー











品種


3月


4月


5月


6月


7月


8月


9月


10月

×
×
みさか白鳳
×
×
×
一宮白桃
×
×
ゆうぞら
×

 

 

 ▽=摘蕾、▼=摘花、●=受粉、□=摘果、■=仕上げ摘果・袋かけ、×=除袋、○=収穫、☆=施肥。
 10月以降は、古くなった木の伐採、秋季剪定、苗木の定植、冬場の剪定作業等、次のシーズンに備えるための仕事があります。

桃 発芽・展葉期

桃 発芽

 

 桃の結果枝は、前年に伸びた一年生枝で、長さにより長果枝(30cm以上)、中果枝(20cm前後)、及び短果枝(15cm以下)に分けられ、いずれにもたくさんの花芽と葉芽がついている。
 春になり、気温が上昇すると、芽が膨らむ。花芽は、開花約一カ月前ころから、花器が急速に発達する。
 葉芽が発芽すると、新梢となって葉を次々に展開し、旺盛に伸長する。


桃 開花

桃 開花

開花と受精
 桃の花には、花弁の大きい普通咲きと花弁の小さいしべ咲きがある。普通咲きの品種は、しべ咲きの品種よりも開花期が遅い。
 多くの品種は、花粉がめしべの柱頭上で発芽すると、花粉管が花柱内を伸長して胚珠に到達し、受精する。


桃 受粉

桃 花粉

人工授粉
 花粉を持たないか少ない品種(浅間白桃、一宮白桃、川中島白桃など)では、受粉樹を混植するか、人工授粉をしないと結実しない。
 受粉樹には、開花期がほぼ同じか少し早い、花粉を多く持つ品種(白鳳、みさか白鳳など)が用いられる。
 受粉には、ミツバチなどの訪花昆虫を利用する方法もあるが、うちでは、人工授粉を行っている。
 人工授粉は、5?8分咲きの頃に行う。開花2、3日前から開花直後の花から採取した花粉を毛ばたきで花につける。

 

桃 受粉
 摘蕾(てきらい)・摘花(てっか)
 結実性のよい品種(白鳳・みさか白鳳など)では、着果量を調節するために、摘蕾や摘花を行う。
 これには、開花による貯蔵養分の消耗を抑え、新梢の伸長や果実の発育をよくし、幼果期以降の作業を楽にする効果がある。
 ただし、早期の強い摘蕾は着果量の減少並びに変形果をまねく恐れがあるので、天候や生育状況によって、時期と程度を調節する。
 通常は、蕾が膨らみ、蕾の先っぽに赤みが見え始めたころに行う。結果枝の基部や上側についた蕾を摘み取り、下向きのものを残すようにする。


幼果期

桃 摘果

 摘果(てっか)
 摘果は、早いほど果実はよく肥大するが、早すぎる摘果は、生理落果を誘発し、着果量が不足する危険性が高くなる。
 このため、摘果は普通、数回に分けて行う。
 予備摘果は、不受精果の区別ができるようになる満開3週間後、仕上げ摘果は、5月中旬(袋かけ前)に行う。
 生理落果を起こしやすい品種では、仕上げ摘果を遅らせるのがよい。

 

 摘果の程度
 予備摘果では、目標とする着果量の2倍くらいまでとする。
 仕上げ摘果の程度は、品種・樹勢などによって異なるが、葉数30枚に一果が標準である。実際には、枝の長さから判断する。


袋かけ

桃 袋かけ

袋かけ
 中生種や晩生種では、収穫期が遅くなる分、病害虫におかされやすくなるので、それを避けるために袋かけを行う。
 袋かけは、短期間に多くの労力を要するが、病害虫予防のほか果実の外観を良くし、裂果の防止にも効果がある。
 ひらやま農園では、高品質の桃を生産するため、全ての桃に袋かけをすることとしている。

 


桃の袋

桃の袋

袋の種類
 袋には、材質や大きさの異なる多くの種類があるので、品種や目的に合ったものを選ぶ。大きく分けて一重袋と二重袋がある。
 一重袋は、除袋すれば果実のみが残るが、二重袋の場合には、内側の一重部分が残ります。袋かけ作業の能率は、一重袋の方が楽ですが、除袋作業の能率は、二重袋の方が一重袋の三倍程度向上します。
 うちでは、平成21年までは、すべて一重袋を利用していましたが、栽培面積が広くなった平成22年シーズンからは、二重袋の利用を考えております。(左の写真、上が一重袋、下が二重袋)

 

桃の袋


果実の肥大・成熟期

桃 果実肥大

 果実の肥大と成熟
 桃の果実は、大きく三つの発育段階からなる。
 第一期は、開花後の約50日間で、幼果、種子(核)とも肥大が進む。この期の肥大は、おもに細胞分裂(細胞数の増加)によっている。
 第二期は、果実の肥大が緩やかで、核の硬化と胚の発育が盛んで、硬核期と呼ばれる。硬核期の長さは、品種によって異なるが、早生種で短く、晩生種になるほど長くなる。
 第三期は、硬核期終了後から成熟期までで、この時期には、一つ一つの細胞の肥大によって果実は急速に大きくなる。
 桃の果実は、第三期の肥大量が大きく、また多くの糖を蓄積します。収量や品質を高めるには、葉が十分に光合成を行えるように混み合った徒長枝を切除し、樹冠全体への日当たりを良くするように気をつけます。

 

桃 成熟期
成熟期になると、皮の色の緑色が抜け、白っぽい色になってくる。果頂部が赤みを帯びてくれば、除袋の時期になります。(概ね収穫前一週間から10日程度前頃)
 この時期は、多量の水分を必要としますが、収穫前の過剰な灌水は糖度の低下をまねき味を淡白にしますので、注意が必要です。
 逆に灌水を抑制し、水分補給を怠りますと、桃に渋みが残り不味くなりますので、適度な灌水を心がけます。

 

桃 反射マルチ
 除袋後は、白色や銀色の反射マルチシートを敷設して、着色を促します。


収穫期

桃 収穫

 桃の収穫
 桃は、日持ちが良くないので、傷をつけないように、丁寧に収穫します。
 市場に出荷する場合、完熟より2?3日程度前のまだ若干硬目の果実を収穫し、出荷します。
 消費者のみなさんに直接販売する場合には、近年の輸送技術の進歩により、日本国内では概ね2日程度で到着しますので、完熟に近いものを収穫するようにしております。

 

桃 収穫


養分蓄積・休眠期

桃 休眠期

 桃の養分蓄積・休眠期
 収穫後は、枝幹や根に貯蔵養分を蓄えるようになります。
 葉を健全に保って、貯蔵養分の蓄積を促し、樹勢を保つため、秋肥(礼肥)を施します。
 気温の低下に伴って、落葉が始り、寒さに対する抵抗力がつき、芽は休眠状態で越冬します。
 休眠期には、整枝・剪定、土壌管理、元肥施用などを行い、翌シーズンの発芽・成長に備えます。


山梨の桃 産地直送